セラピーが禁忌とされる理由をしっかり学べばセラピーができる!

野溝明子先生と

いつもありがとうございます。

福島県会津若松市の、アロマエステサロン My Earth  アロマセラピスト 井上恵美 です。

 

セラピーが禁忌とされる理由をしっかり学べばセラピーができる!

 

「セラピストなら知っておきたい解剖生理学」の著者、医学博士で鍼灸師の野溝明子先生の講座に参加してきました。

セラピストなら知っておきたい解剖生理学

【50代以降に多い疾患を理解する〜セラピーが禁忌とされる理由をしっかり学べばセラピーができる!】

・なぜ禁忌なんだろう?
・疾病を抱えている方に対してセラピストは何もできないのだろうか?

といった、セラピストがもやもやと疑問に思っていることを、医学的な立場から教えていただきました。

野溝明子先生の緩和ケアセミナー

野溝先生のお話は、著書もそうなのですが、病気の仕組みであったり、症状の原因であったり、専門的なことをとてもわかりやすい言葉で伝えてくださいます。

野溝明子先生の緩和ケアセミナー

 

禁忌の代表「がん」とセラピー

例えば「がん」

がんは禁忌の代表的なものとされていますが、がんが転移する仕組みから考えると、マッサージでがんが転移したり、悪化するということは絶対にないとのこと。

血流を良くして、リンパ球の働きを活性化されることで、がん細胞を退治してくれるかもしれないし、何より患者さんのQOLの向上を考えると、むしろどんどんセラピーを行ったほうが良いとのことでした。

他にも、高血圧や心疾患、糖尿病、静脈瘤、浮腫などについても教えていただき、医療者ではない、アロマセラピストだからこそ出来る「セラピー」の可能性が、ぐーんと広がったと感じました。

 

勿論、絶対禁忌もあり、その理由についても詳しく教えていただきました。

とにかく野溝先生が教えてくださる知識は膨大でしかも惜しみなく、まるで知識のシャワーを浴びているような濃厚な4時間でした。まだまだ消化しきれていませんが、病気であってもセラピーができるという状態の方に、堂々とセラピーができるように落とし込んでいきたいと思います。

初めてお会いした野溝先生は、とってもチャーミングな素敵な先生でした♡

野溝明子先生と

本にサインをいただいてまいりました。 

野溝先生、そして、この講座をご自身の講座の受講生さんだけでなく、たくさんのセラピストに開放してくれたアロマタッチ・アクティビティ・サポート」のはしづめりなさん、ありがとうございました。

 

会津からは、野溝先生の本を教科書に、りなさんからリンパを学んだまゆみさんと洋子さんと一緒に参加しました。

りなさんと会津のメンバー

 

セミナーの後の茶話会では、エフェクティブタッチ®のお師匠様、小澤智子先生と、来月受講する「一生使える!自分ブランドの作り方と感性的ライティング」の講師、小松ゆり子先生とご一緒させていただきました。

小澤智子先生、小松ゆり子先生と一緒に茶話会

ゆり子先生の問いかけに答えていくと、そう表現したらよいのか分からなかった思いが、たどたどしくはありながらも言葉としてできて、「自分に質問投げかける」という事をどんどんしていくと良いと教えていただきました。

最近停滞していたブログも、また書いてみようという気持ちになりました。来月のゆり子先生の講座もとっても楽しみです。

セラピーのこと、解剖のこと、アロマのこと、そしてそれを伝えていくスキル、まだまだ学びたいことが盛りだくさんです。

もっともっと良いセラピーが出来るように研鑽を続けていきます。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚

最後までお読みいただきありがとうございます。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚

恵美

「恵美メール♪」の登録はこちら(*^^*)♡

各種イベントや特別なお知らせをお送りさせていただきます。

ぜひご登録をお願いします。

こちらをクリックすると会津若松市のローカル情報がご覧いただけます。ヾ(●´∀`●)
➡ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 会津若松情報へ 

 

ABOUTこの記事をかいた人

井上恵美

2004年 春、初めて“精油”と出会ってから、香りの魅力に引き込まれアロマテラピーの学びが始まりました。2005年 秋に夫の経営する癒し雑貨の専門店「My Earth」(現 株式会社ヒーリングアース)に入社。アロマセラピストとしてアロマエステサロンの運営と、アロマテラピースクールの講師を行っています。